endlessfrontier-dungeon

ダンジョンではキャラクターやゴールド入手をパワーアップできる秘宝を手に入れるための「素材」を入手する場所で曜日ごとに参加できる場所が決まっている
10分に一回挑戦が可能(= 挑戦可能回数の回復)で強者を倒すほどもらえる素材の数が多くなる

ダンジョン構成

endlessfrontier-dungeon-fighting2

ダンジョンの構成としては各ダンジョンの一般モンスターが数十体にボスがおり、ボスを倒すと終了、毎回時間制限が設けられている
スキルの使用と途中退場(この際挑戦可能回数の消費はなし)が可能で勲章で強化されたキャラクターの実力で挑む

モンスターの設定

名前の数字大きければ大きいほど強い
また、モンスター全体に100%耐物または100%耐魔バリアが張られ攻撃が無効化されてしまうので参加するキャラクターの攻撃属性には注意が必要である
(前半は耐物のみや耐魔のみの構成だが、中盤以降は一般モンスターが耐魔ならボスは耐物の異なるバリアの組み合わせが主流になる)

ダンジョンのモンスター

スライム
endlessfrontier-dungeon-slime

挑戦可能日:月曜日/水曜日/土曜日
参加NGの種族:なし
特徴:スライムのみ2種類から上位種が1種の計3種しか個体が存在せず、強者になるローテーションが他モンスターと変わってくる、NGの種族がいないため挑みやすい

角ヒキガエル
endlessfrontier-dungeon-frog

挑戦可能日:月曜日/木曜日/土曜日
参加NGの種族:エルフ
特徴:3種類から上位種が2種の計5種が存在、全種ノックバック効果のある攻撃がメインでダメージを負うことが他の種族より少ない反面遠距離でレンジのある攻撃を行わないと相手に届かない場合がある

ハンマーモグラ
endlessfrontier-dungeon-mogura

挑戦可能日:火曜日/金曜日/土曜日
参加NGの種族:アンデット
特徴:3種類から上位種が2種の計5種が存在、二匹タイプのモグラ(ハンマーモグラ2,4)は奥行きまで届く攻撃があり、ボス格のハンマーモグラ(ハンマーモグラ5)は攻撃到達速度の非常に速い攻撃と奥行きまで届く協力な全体攻撃がある
ダンジョンでは唯一挑戦期間が2日空くタイミングが2回あり、金曜土曜に挑戦できない方は素材の入手に難儀する

オークフラワー
endlessfrontier-dungeon-flower

挑戦可能日:日曜日/火曜日/木曜日
参加NGの種族:オーク
特徴:3種類から上位種が2種の計5種が存在、メスオークフラワー(オークフラワー2,4)の攻撃は男属性のキャラクターを停止させる魅了攻撃があるためキャラクターの組み方によっては何もできない可能性がある、ボス格のオークフラワー(オークフラワー5)は攻撃到達速度の非常に速い攻撃と奥行きまで届く協力な全体攻撃がある

ダークハーミット
endlessfrontier-dungeon-harmit

挑戦可能日:日曜日/水曜日/金曜日
参加NGの種族:ヒューマン
特徴:3種類から上位種が2種の計5種が存在、ボス格のダークハーミット(ダークハーミット5)は攻撃到達速度の速い攻撃と奥行きまで届く協力な全体攻撃がある

効率的にダンジョンで収集を行うには
・プレミアムでのダンジョン素材コレクター
・秘宝の素材入手上昇効果  ・ダンジョンチケット   の3点が重要
ダンジョンチケットについては10分に1回挑戦回数が回復するが回数枠の上限が初期は「1」であり挑戦回数の貯蓄ができないところが非効率であり、3~6 (6がMAX)枠に増やしたほうがよりスムーズに素材集めに挑戦できる